GWの東京観光には東京タワーの麓を泳ぐ333匹の鯉のぼりを見るのも良いと思います

写真・カメラ

兄夫婦がやってきた2019年のGW、2日目の東京観光は私から提案させて頂きました。ベタですが東京タワーを。ええ、もちろん兄夫婦が過去に行ったことのある場所であろうことは承知しておりますよ(笑)

しかしGWの東京タワーは一味違います。「端午の節句」の特別企画として東京タワーの麓に大量の鯉のぼりが泳ぐらしく、その数なんと東京タワーの333mにちなんで333匹!先日の投稿で紹介した秩父・横瀬川の鯉のぼりよりも多い!!

スポンサーリンク

東京タワーへ

P5030009

どのようにアクセスしてどこからこの景色を見たのか忘れましたが、東京タワーとその背景に良い感じの雲が出てくれました。久しぶり(1年ぶり)に見返すと、この日はこの写真がいちばんの出来栄えかも。光の捉え方が今の自分好み。でも当時は「なんか暗い…」と怪訝だったのを思い出します(笑)

そしてこの後昼食の時間を挟むと、すっかり曇り空になってしまいました。

P5030023

このような撮影条件下で、この後の鯉のぼりの写真はほぼ全てで背景の空が白飛びしてしまいました。当時は本当にハイライト&シャドウのコントロールに無頓着で、白飛びをほとんど気にせずとにかく被写体が明るく写るように調整していたことを思い出します。それもまた、せっかく手に入れた一眼カメラに今一つ実感が得られなかった要因だったと思います。

期間限定!333匹の鯉のぼり

P5030032

ひとつひとつは小ぶりな鯉ではありますが、さすがにここまで集まると壮観!

地上では様々な催しや特設会場の人だかりであふれかえっています。そのためやはりほとんど必然的に、鯉のぼりを見上げて撮るような構図になってしまいますね。難しい…

P5030048

こちらは東京タワーの中から窓越しに撮影。この日も14-150mmの便利ズームが大変便利でした。

1匹だけ、さんまが混じってる?

P5030035

後から知ったのですが、東京タワーの鯉のぼりの中には1匹だけ「さんまのぼり」が混じっているのですね。偶然この写真に写り込んでくれました。探してみて下さい(笑)

スポンサーリンク

東京タワーから皇居に行くのもおすすめ

東京タワーだけで1日過ごすのはさすがに厳しいので、その後我々は皇居に行きました。東京タワーから10分ほど歩いて日比谷線神谷町駅に行き、そこから電車で5分ほどで皇居最寄りの日比谷駅に到着します。

P5030092

この日は新天皇陛下の即位を祝う一般参賀の前日だったため、人出はさほど多くはなく落ち着いて皇居に足を運ぶことができました。

P5030101

こういう珍しい風景も見れてよかったです。次の日にはここが人で埋め尽くされたんでしょうね…

P5030105P5030132

最後は皇居から東京駅へ。この日の東京観光プランの欠点は、結構歩くことです。健脚でないと厳しいかと思います。

我々夫婦もそれなりに健脚自慢なのですが、兄夫婦がそれ以上に健脚だったので驚きました!(しかも子供を2人連れて…!!)

※使っていたカメラとレンズ
OM-D E-M5 MarkⅡ
M.ZUIKO ED 14-150mmⅡ

コメント

タイトルとURLをコピーしました