杉並区アジサイの名所「堀之内妙法寺」で花菖蒲を撮る(アジサイは失敗してしまいました…)

写真・カメラ
杉並区 - 堀之内妙法寺

さて、前回投稿の写真がどれも妻のスマホ壁紙に採用されずしょぼくれていましたが、その翌日に妻が中野の近くでアジサイの名所を見つけてくれました。おとなり杉並区の「堀之内妙法寺」。次こそはと意気込んで、バスに乗って出かけました。

本殿裏の墓地でアジサイが鑑賞できるのですが、これが本当にすごい。多彩で多種多様なアジサイが所狭しと咲き乱れています!

しかしこの日の私のカメラワークが本当に酷くて、いつもの「お目汚し失礼します」のレベルじゃありません(笑)

ので、今回は同じく墓地で見頃を迎えていた「花菖蒲」がメインです。

※使っていたカメラとレンズ
OM-D E-M5 MarkⅡ
M.ZUIKO ED 14-150mmⅡ

スポンサーリンク

14-150mm便利ズームの望遠側に毎回助けられます。

そしてなんと、ついにこの写真を妻のスマホ壁紙に採用して頂けました!長かった…これまでスマホ(HUAWEI P9)で撮った写真はたくさん採用されてたのに。。 

アジサイについてはこの翌週に再び妙法寺を訪れて再トライしましたのでそちらの投稿で主に載せようと思いますが、この日はスマホの写真の方がよく撮れてました。この時に「自分の場合、花の接写はスマホに任せた方がいい…」と確信したんですよね。

ここからは全てスマホで撮ったの写真です

これで「墓地にアジサイが咲き乱れている」という現地の臨場感が少しは伝わるでしょうか。

こんな珍しいアジサイも。

スポンサーリンク

—– ✂—–

アジサイを観賞した後は、妙法寺本殿の方へと回り参拝。

妙法寺は、昔から、江戸庶民の中で『堀之内のおそっさま』と言われ、除厄けのお寺として全国から大勢の参詣者がありました。現在でも、全国各地から数多くの方々が『おそっさま』にお参りし、厄を除いてもらおうとする方が参詣しています。
厄を除きたい方は、妙法寺の境内に入るだけで除厄けになる。と言われる霊験あらたかなお祖師さまが祖師堂に奉安してあるからです。

堀之内妙法寺HPより

ここまで立派なお寺だとは思っていませんでした…! 来年のこの季節に改めて、妻と子の3人でアジサイ鑑賞も兼ねてお参りに行きたいものです。


日蓮宗 本山 やくよけ祖師 堀之内妙法寺

コメント

タイトルとURLをコピーしました