5月の季節の花を求めて調布市の神代植物公園へ、春のバラフェスタが開催中でした

写真・カメラ

前回投稿の経験を経て、気持ちを新たにして「ISOは200の低感度で固定」をマイルールにしてまた写真撮影に励みます。

この日は「季節の花」を求めて調布市の神代植物公園に行きました。ちょうど「春のバラフェスタ」が始まったところです。5月の花の最有力は薔薇!

しかしいざ現地に行って見ると薔薇以外にも見どころが満載。はっきりと名前を憶えているのはシャクヤクとユリノキくらいですが、大温室内も含めるとかなり多くの花を観賞することができます。

なお、良い写真が撮れれば妻のスマホの待ち受けにして貰えるので、それをモチベーションに張り切りました。

スポンサーリンク

神代植物公園

P5110326P5110341

バラ園の噴水、そしてガラス張りの大温室が神代植物公園ならではの景色でしょうか。

私は昼下がりの午後に行きましたが、バラフェスタ期間中の土曜日・日曜日は朝8時から開園しているらしく、朝の時間帯に薔薇の香りは最良になるのでオススメとのこと。香りのモーニングツアーなんて催しもやっているそうです。写真的にも朝の方が涼しかったり空気が澄んでたりしてていいかもですね。この日はまだ5月だというのにうだるような暑さでした。

芍薬(シャクヤク)

P5110240

入園してまず最初に目を奪われたのはシャクヤク。名前は聞いたことあるけど、こうしてまじまじと鑑賞するのは初めてだったかも?

P5110244P5110246-2

薔薇

P5110297

待望の薔薇! なのですが、いまいちこれという画が定まらず撮れ高は微妙。。また手段(写真)と目的(鑑賞)が入れかわっていて、現地で混乱していたのは間違いありません(笑)

P5110312P5110284

ユリノキ

P5110495

これも見るのは初めてかも? 木の上に咲くチューリップ形状の花。こんな時に便利ズーム(14mm-150mm)で引き寄せれるのがいい

他にも撮影した草花

P5110367

地面に咲いていた花です。なんだろ? 後ろのボケがうるさいのはご愛嬌ということで…

P5110388

これはネモフィラかな? 定番ですがいつか大地一面に広がるネモフィラも撮ってみたい

P5110501

カエデ園。秋の紅葉が楽しみな場所ですね。

大温室の珍しい草花

最後に閉館ギリギリの大温室へ駆け込み鑑賞

スポンサーリンク

この日の一眼カメラ撮影、所感…

久々に撮影の所感を述べます。この日は一眼カメラ所有後の旅行・観光の中でも、特にパっとしない一日でした(笑)

最初(シャクヤク鑑賞の時)から花の接写ばかりしていることに気が付きます。人混みの中では便利ズームの望遠側が活躍するのと、ボケが出てそれなりに撮れてる感が出るからでしょうか? しかしこれが自分的にいまいち冴えなかった理由だと思います。

花の接写自体がつまらないと言っているわけではありません。問題は自分が花をどういう風に撮りたいか明確にイメージできていないことです。現地で思いがけなく素晴らしい写真を残せるのが理想ではありますが、結局追い詰められてとりあえず接写に逃げるようではそりゃ楽しくはないでしょう。選ぶ花も非常にやっつけだったと思います。

それに私の場合、手元の花を接写できる時はマイスマホのHUAWEI P9で直感的に思うがまま撮る方がバシバシと良い写真が残せる気がします。これはこの次に迎える紫陽花の季節で確信に変わりました。せっかく一眼カメラを手に入れたので、なかなか受け入れがたいことではありますが…

従ってこの日の個人的な教訓は「一眼カメラで花の接写に走らない」でしょうか。マクロレンズなどで意図を持って表現する写真ならば話は別ですが、私自身がその世界に踏み込むのはまだ先の話だと思います。今のところはマクロ撮影にはさほど興味がありません。それよりも、いかに花とその現地にしかない景色を絡めて撮るかに重きをおきたい。

そんな思いの片鱗が垣間見えたのが次の写真

P5110532

相変わらず空は真っ白ですが(笑)

なお、残念ながらこの日の写真で妻のお気に召すものはありませんでした… 強いて言うなら、カエデ園の写真がよかったそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました