浜松町駅から徒歩約15分、都会の庭園「浜離宮恩賜庭園」にアジサイを撮りに行きました

写真・カメラ
中央区 - 浜離宮恩賜庭園

まず余談ですが、この時ついに新しいレンズを買いました(中古ですが)

大口径の単焦点レンズ「LUMIX G 20mm F1.7」。悩みに悩み抜いて2本目のレンズをこれにした理由なんかも、またそのうち投稿したいですね…

—– ✂—–

さて、この新しいレンズを引っ下げて、迎えるは6月・アジサイの季節です。妻のスマホの壁紙写真にしてもらうべく、張り切ってアジサイを撮りに出かけました。

しかし、都会のアジサイの名所がどこなのかネットで調べてもいまいちピンと来ず、それでも撮りに行かねばと半ば無理やり足を運んだのが浜松町駅から徒歩約15分くらいのところにある「浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)」でした。

こんな感じで行くとだいたい観光も写真もうまくいかないのが私の中でお約束になりつつあるのですが、まぁ今回もそんな感じ(笑) お目汚し失礼します…

スポンサーリンク

うん、レンズが変わっても相変わらず空は真っ白!www

さてアジサイですが、私の想像ではもっとワァーーッと盛り盛りで咲きほこっているものと思っていたのですが、

この通り、実際は慎ましやかに要所要所に配置されている庭園でした。

なので結局、接写に走る。新しい単焦点レンズで便利ズームでは体験できなかった明るさとボケを楽しみつつ…

まあアジサイだけを期待する場所じゃないのかもしれませんね。ならばアジサイと庭園を絡めて撮るかと気を取り直すのですが(ここからレンズを14-150mmに変えます)、

迷いがそのまま写っていますね…笑

迷ってる。ちなみに背景の土手ですが、

こちらは江戸時代の鴨猟のなごりだそうです。浜離宮恩賜庭園は水鳥の遊猟のための場所「鴨場」が見られる全国有数の場所とのこと。

現代の鴨ハント

若葉が綺麗だと思い、何となく撮った写真

アジサイにこだわらず、あくまでアジサイは庭園の一部であり庭園そのものをもっと楽しむ心があれば、おのずと良い写真が撮れたのかもしれません。しかし当時の私にそんな余裕はありませんでした(笑)

最後にもう一度、新しい単焦点レンズを使ってアジサイと庭園を撮影

※使っていたカメラとレンズ
OM-D E-M5 MarkⅡ
LUMIX G 20mm F1.7
M.ZUIKO ED 14-150mmⅡ

—– ✂—–

また改めてゆっくり観光したいですね。この時はアジサイに心を囚われすぎました。それにアジサイよりも菜の花、桜、コスモスなどの方が有名みたいですね(笑) 東京都公園協会のサイトが分かりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました